採用情報

社員紹介

このページでは、当社の社員が現在の仕事について、やりがいや魅力を感じること、今後の目標を語っています。

● T.Mさん(2016年入社 男性)

Q1.現在どのような業務に携わっていますか。
私は主にSAS®という統計解析に特化したソフトウェアや、SQLを使用するデータ分析関係の業務に携わっています。
現在は通信販売の売上情報など、蓄積したデータをお客様が分析、利用するための機能を開発する業務に就いています。
蓄積したデータを分析すると、この商品はどの年代に人気があるか等、様々な有益な情報が引き出せるため、お客様が新たな施策を打ち出す際に役立ちます。
私の主な担当は製造・テストの工程で、テスト工程では製造したものが想定通りの動きをするか、バグが無いか等をチェックします。
Q2.業務に感じている魅力、やりがいを教えてください。
EC(ネットショッピングのこと)やポイントカードなど、普段から便利でお得なものを私たちは何気なく利用していますが、売り手、買い手の顔が見えないECサイトでなぜこの商品がおすすめされるのか?
そもそもポイントカードのポイントはどのようにシステム内で蓄積、処理がされているのか? など、内部の仕組みがわかってくることが魅力だと感じており、自分もその一部に関われることにやりがいを感じています。
Q3.今後の目標はなんですか。
私はソフトウェア開発を未経験で入社したためプログラミングの知識などでわからないことも多く、それゆえに製造・テスト作業で苦労することもあり、未熟さをよく感じています。
今後は少しでも自分に自信が持てるようになるために、開発現場での経験や自己学習で貪欲に知識と技術力を高め、ゆくゆくは設計も任せていただけるようになることが今の目標です。
また、IT業界は非常に幅広い業界なので、現在行っているデータ分析以外の分野にも興味を持ち、多くの経験を積んで自分のできること、やりたいことを増やしていきたいと考えています。

● H.Tさん(2016年入社 男性)

Q1.現在どのような業務に携わっていますか。
現在私は某証券会社様で主にSQLチューニングを担当するデータベース管理者(以下DBA)として働いています。
しかし証券会社のように大規模なデータベースの管理を、1人のDBAが管理することは不可能であるため、複数のDBAで分業して管理業務にあたります。
データベースはSQL文を用いて操作するのですが、動けば良いというわけではありません。SQL文の書き方によって、性能に大きな差が生まれます。問題のある(負荷の高い)SQL文が大量に流れると、最悪の場合データベースがダウンして業務に大きな障害が発生します。
アプリケーション開発者が作成したSQL文を検証・修正しデータベースの安定稼働に貢献することが私の役割です。
Q2.業務に感じている魅力、やりがいを教えてください。
日々自分の知識やスキルが高まっていくことを実感できることです。
私は現在の業務について2017年3月時点で約10ヵ月経ちます。
1ヵ月経つごとに先月の自分では思いつけなかった改善案が、先輩の指摘なしで考えられるようになったり、より正確なチューニングを行うためにはどのような情報が必要であるかが理解できたりと、自分の成長を日々感じながら業務にあたっています。

一方で複雑なSQL文に関しては、先輩に相談することで思いもよらなかった手法や、理解が及んでいなかったデータベースの仕組みがまだまだあることを知り、未熟さを痛感しています。
裏返せばまだまだ学んでいける部分がたくさんあるということであり、そう考える事がモチベーションアップにつながっています。
Q3.今後の目標はなんですか。
SQL文以外に関してもデータベースに関する知識をつけることです。
現在業務にあたる中でSQL文以外のデータベースに対する知識・感覚が絶対的に不足していることが、SQLチューニングにおいても1つの壁となっていると感じています。
その一環としてOracle Masterというデータベースの資格の取得を目指していて、先輩やお客様からも早期の取得を待望されています。そこがゴールではありませんが1つのチェックポイントとして、まずはできるだけ早期の取得を目指しています。