社員インタビュー

  1. HOME
  2. 採用情報
  3. 社員インタビュー

当社の社員が現在の仕事について、やりがいや魅力を感じること、今後の目標を語っています。

H.Yさん(2021年入社)

学習し知識を深め、自身の成長を実感した1年

Q1. これまでどのような業務に携わってきましたか。

研修後の約半年間は、先輩社員の指示のもと海運会社様向けシステムのリプレイスプロジェクトに参画していました。
主な作業として、機能が設計された仕様通りであるか調査し、必要に応じてプログラム修正やデータ修正を行っていました。
その後は別の先輩社員が配属されているお客様先に出向し、SQL文が意図した動作になっているかをチェックし、必要に応じてSQLを修正する作業を行っています。
また、開発環境にDDL文DML文を実行し、他の開発環境と同じ環境を構築する業務も行っています。

Q2. 業務に感じている魅力、やりがいを教えてください。

現在は、データベースが中心の業務に携わっています。
私自身、学生時代はデータベースにあまり関わっておらず、解らないことがたくさんありました。
ですが、現場が質問がしやすいアットホームな環境だったため、実業務で先輩方に指導して頂くことができました。
それにより、段々と業務に関しての知識が深まり、作業スピードが上がったため、自身の成長とやりがいを感じております。

Q3. コロナ禍での働き方について教えてください。

基本的には、テレワーク主体の業務となっています。
コロナ禍が落ち着いている時には週3~4日で出社し、対面で指導を受けながらの業務となります。

テレワーク主体の業務で感じた事は、『対面でないと理解しにくい事が多い』ということです。
例えば、分からない事で先輩方に質問をする際、対面では即時に回答をいただけますし、先輩方の様子で判断できることもあります。
ですがテレワークでは、対面では簡単なコミュニケーションが難しいと思いました。

テレワークにおいて大切だと感じたのは、『どの部分がどの様に解らないかを明確に伝える力』です。
連絡手段はチャットだけではなく通話も可能ですが、対面より意見を伝えるのが難しい分、自身が解らないことを伝える力が必要です。

Q4. 今後の目標を教えてください。

まずは先輩方の代わりになれる程の技術力を身に付けたいです。
まだ解らない事が沢山あり、先輩方に質問をする機会が多いのですが、少しずつ業務の内容や知識を学習していき、先輩方から頼られる存在になれるよう努力しています。

Q5. 就職活動をしている皆さんへのアドバイスをお願いします。

新型コロナウイルスが未だ終息せず、就職活動が想像していたよりも大変で焦りも感じていると思います。
面接も主にWebのため自宅で面接を受ける機会も多く、どうしても気が抜けてしまう時があるかもしれません。
ですが、面接官の方は皆様の態度もチェックしていますので、気を引き締めていきましょう。
また、Web面接であっても自身の魅力を言葉で伝える事は変わらない為、自身の長所や学生時代に何を頑張ったか等を改めて分析し、明確にすることも大切だと思います。

A.Kさん(2019年入社)

お客様の要望に応えたい!日々の業務で信頼と経験を積み上げる。

Q1. これまでどのような業務に携わってきましたか。

入社後約4か月の研修を経て、現在は某クレジットカード会社様にて販促キャンペーンの設定業務を行っています。

私の所属する社内カンパニーはSAS®という統計解析ソフトウェアおよびプログラミング言語を用いたシステム開発を事業としており、私自身はユーザー部に常駐してSAS製品で構成されたマーケティングオートメーションのシステムを用いて対象者の抽出条件設定を行う業務を担当しています。
いくつもの部署から来る依頼書をもとに、条件と合致したキャンペーン対象者が抽出されるように設定を行いますが、担当部署とやり取りをして不明点の確認や条件修正を行ったり、部署内で次の工程の担当者への引き渡しや担当社員を含めた情報連携を行ったりと、さまざまな方とコミュニケーションを取りながら進めていく場面が多いです。

Q2. 業務に感じている魅力、やりがいを教えてください。

設定作業はSAS Customer Intelligence StudioやSAS Enterprise GuideといったGUIベースのツールを用いて行います。
依頼書の条件を整理して抽出時間のなるべく短い指定方法で設定できたとき、条件誤りやデータ更新日の関係でキャンペーン内容や依頼部署の要望に合致しない部分を検知し、抽出ミスを事前に防ぐことができたときなどにやりがいを感じます。
また私が担当する業務はキャンペーン実施までの工程の一部分となるため、お客様や他のメンバーと連携を取りながら全員で大きなサイクルを常時回していくという責任の大きい部分に携われることも魅力の一つです。

Q3. コロナ禍での働き方について教えてください。

2020年には新型コロナ流行の影響からキャンペーン設定の依頼が一時大幅に減少しました。
私は客先常駐で作業を行っているためしばらく自宅待機やシフト勤務体制となってしまいました。
所属カンパニーにとって業務の縮小は大打撃でしたが、私のそれまでの業務経験を生かして別プロジェクトでのマーケティング計数抽出の作業をお手伝いさせていただくことになり、危機を乗り越えることができました。
現在は依頼数がほぼ以前と同じ量に回復しましたが、毎月定例の計数抽出の業務については引き続き担当しています。

Q4. 今後の目標を教えてください。

現在の業務でSAS製品や簡単なSQLは使用していますがSAS言語を用いたデータ抽出や開発は行っていないため、今後は他の社内カンパニーメンバー同様にSASの高度な技術や知識を身に付け、SASエンジニアとして業務に携わっていきたいと考えています。
まずはそのために必要なSAS言語によるプログラミング技能の資格取得を目標として学習を行っています。

Q5. 就職活動をしている皆さんへのアドバイスをお願いします。

コロナ禍によってオンラインでの説明会や面接が主流となり、従来とはまた違った大変な面もあると思いますが、企業と人とのマッチングであるという点に変わりはありません。
自分の強みや弱点はなにか、どういったことが得意なのかといった自己分析は一番の根幹となるため、手を抜かずに取り組んでみてください。
その上で一つの業界だけではなくさまざまな業界に目を向けてみることで、本当に自分に合った企業や自身の成長につながる企業が見つかると思います。
必要なときには休息も取りつつ日々進んでいってください。
私たちも一緒に働きたい人を募集していますので、もし興味がありましたらぜひご検討をお願いいたします。

H.Tさん(2016年入社)

文系であることにハンデを感じたことは一度もありません。

Q1. これまでどのような業務に携わってきましたか。

現在私は某証券会社様で主にSQLチューニングを担当するデータベース管理者(以下DBA)として働いています。
しかし証券会社のように大規模なデータベースの管理を、1人のDBAが管理することは不可能であるため、複数のDBAで分業して管理業務にあたります。

データベースはSQL文を用いて操作するのですが、動けば良いというわけではありません。
SQL文の書き方によって、性能に大きな差が生まれます。
問題のある(負荷の高い)SQL文が大量に流れると、最悪の場合データベースがダウンして業務に大きな障害が発生します。
アプリケーション開発者が作成したSQL文を検証・修正しデータベースの安定稼働に貢献することが私の役割です。
また入社3年目頃から上記のメインの仕事以外にもお客様から開発環境DBの構築やデータ連携ジョブの作成等DBに関連する範囲で幅広い仕事を経験させていただいています。

Q2. 業務に感じている魅力、やりがいを教えてください。

日々自分の知識やスキルが高まっていくことを実感できることです。
特に業務について最初の2年は1ヵ月経つごとに先月の自分では思いつけなかった改善案が、先輩の指摘なしで考えられるようになったり、より正確なチューニングを行うためにはどのような情報が必要であるかが理解できたりと、自分の成長を日々感じながら業務にあたれました。
5年目の今では流石に最初のころのように自分の急成長を感じることは減りましたが、それでも今まで触ったことのないDB製品に触れたり思いがけないDBの動作仕様を知ったりと日々学習することは多いです。

Q3. コロナ禍での働き方について教えてください。

IT業界はテレワーク等普及しており、かく言う自分も週2回テレワークしています。
他の現場へ出ている当社メンバも多くの方がテレワークをされています。
テレワークにも口頭での軽いコミュニケーションが取れないとか自宅なのでどうしても気が散ってしまう原因が多い等デメリットもありますが、移動時間分のロスをなくせたり、忙しくて残業が多くても自分の時間を十分に取れたりとメリットの方が大きく感じています。
コロナによって世の中窮屈になってしまった部分が多いですが、業務に関してはテレワークのようなデジタル化が広まりプラスとなった面もあると思います。

Q4. 今後の目標を教えてください。

現在の目標はサーバ面への知識をもっと身に着けることです。
現場に出て5年で先輩やお客様に恵まれてSQLに関しては、胸を張ってプロを自称できるようになりました。
ただSQL周り以外のDB関連業務を行っているとDB製品のことは理解していても、それが動いているWindows・Linuxサーバの知見が足りないと痛感することが多いです。
DBとサーバは切っても切れない関係でサーバの知見が足りないうちはDBの理解も完全にはなりえません。
今後はLPIC等のサーバ側の資格を取得したり、DBサーバ周りの仕事に積極的に志願してサーバ周りの知見を得たいと思います。

Q5. 就職活動をしている皆さんへのアドバイスをお願いします。

何かこういうことをやりたいということがはっきりある方はそれを追求していけば良いと思います。
逆に実は特に「これがやりたい!!」というのはないんだという方は一般論や世間のイメージに惑わされずに色んな仕事を検討してみて欲しいです。

実は私は文系大学在学時あまり働くことに意欲が持てず大学生時代真面目に就職活動をせず、内定なしで卒業しました。
その後バイトだけしてぶらぶらしているのは良くないと「基本情報処理技術者」の資格を取るために行った専門学校で初めてプログラミング言語やSQLに触れました。
それまで「IT系は理系の仕事」というイメージをずっと勝手に持っていたのですが、実際に触れてみるとプログラミング言語はほとんど簡単な英語で自分が苦手としていた数学周りの知識を要求されることは一切なく、結局今に至るまで文系であることにハンデを感じたことは一度もありません。
大学時代の私のように勝手な先入観で無理と思っていた仕事に可能性があるというのは非常にもったいないことだと思います。

データウェアハウス(DWH)

意思決定やデータ分析のためのデータベース。DWHを中心とした分析支援のシステムを、業務系システムに対して情報系システムと言う

SQLチューニング

SQL文というデータベースの操作言語の性能を最大まで引き上げる仕事

Android Studio

Googleが公式に提供している、Androidアプリ開発ツール。

デバッグ

プログラムをテストしてバグと呼ばれる誤りを発見して、取り除くこと。

リプレイス

システムを新しいものに置き換えること。

SQL文

データベース(DB)に対して操作を行う言語。

DDL文

SQL文の一種。データを入れる表(テーブル)の作成・削除等を行う。

DML文

SQL文の一種。データの作成・検索等を行う。

データベース管理者

企業のデータベースの管理全般を行う仕事。

マーケティングオートメーション

マーケティングの施策実行や管理をすることができるデジタルツール。

施策の対象となる顧客の条件やアプローチを行うチャネル、日時やコンテンツの内容を設計し、あらかじめ設定しておくことで、メール配信などの施策のアプローチを自動で実行できる。
実行に加えて、メールの配信者数やURLのクリック数のカウントといった、施策実行後の効果を検証する際に必要なデータを取得する機能が備えられている。