製品案内

配送業務システム 「Wing配送」

ルート配送で物流コストの削減を実現するには、徹底した車両管理の最適化が必要です。
Wing配送では、そのために車両効率を最大限に高めた配車組みロジックを採用しています。
また、アラーム情報、車両情報、コース情報が一目でわかる運行モニターを提供することで、リアルタイム監視を可能にしています。


Wing配送の特徴

1つのシステムで複数の配送グループ(管理単位)の管理が可能

  • クライアント&サーバ型の構成になります。
  • 複数の配送グループが別々に管理できます。例えば、Aはコンビニ配送コース、Bはレストランチェーンといった管理が可能です。

多彩な配車組みシミュレーションに対応

  • 予測シミュレーションは、コスト優先あるいは店着時刻優先の2つから選択できます。
  • 複数の形状の混載が可能で、車両1台ごとの積載量を最大限に高めることができます。
  • 運行前に行う予測データの作成には、翌月予測のみ、当日予測のみ、および両者を行う3方式があります。
  • 予測シミュレーションは、管理単位ごとに実行可能です。

ドライバーからの時刻情報の受け取り

  • 店舗到着などの情報はドライバーからの携帯電話のEメール機能を使用します。
  • 10種類の時刻情報(待機時刻、入庫時刻、出発時刻、など)を管理単位ごとに自由に選択できます。

運転日報

  • 日報は、ピッキング場でピッキング開始直前に印刷され、ピッキングに使用された後に、ドライバーの車両運行の補助になります。

運行モニター

  • 本部システムでは、運行中の全車両状況が1つの運行モニター画面で把握できます。
  • アラーム情報が上がった場合、それ以降のコースを再予測することができます。

柔軟なコース組み

  • コンテナに詰め込む際に予測した数量と差が発生した場合、簡単なボタン操作で修正を反映させることができます。
  • 1日の作業の途中で、指定したコース以降の全コースを再予測させることができます。